2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.04.08 (Thu)

「お前の料理は不味い」と言った御主人に・言われた奥様に

フランス料理店中華料理店
和食店よく耳にする話の中に、「あそこの店は美味しい」とか「不味い」と言う会話があります。これは話している本人がそう思っているので、正確に言うと「私は美味しいと感じる」「私は不味いと思う」と言うことになります。家庭で御主人が奥様に「お前は料理が下手で、作った物が不味い」という様なことを言ったとしたら、原因は二つあると思います。一つはその奥様が単に料理の技法を知らないということ。他の一つは以前より何回もお話しております様に“美味しい”“不味い”は主観の問題なので、この奥様が御主人の美味しく感じる味覚を理解していないということです。この二つの問題を一度に解決出来る方法をお教えしましょう。それは御主人が美味しいと推奨するお店に奥様と同伴することです。食事をしながらの会話で奥様は御主人がどんな物が好物で、どんな味付けが好みなのか理解出来ていくことでしょう。そしてお二人の気に入ったお店であったなら、一度だけでなく頻繁に通うことです。出来ればそのお店の経営者なり調理責任者と親しくなることをお勧めします。そうすると「このお料理とても美味しくて主人の大好物なので、家でも試しに作ってみたいのですが、作り方のポイントを教えて頂けますか」と言う様なことを聞くチャンスも生まれてきます。その時「企業秘密なのでお教えできません」などと言う答えが返ってきたら、その店・その調理人は二流以下と言うことでしょう。人柄も含めて調理人として一流ならば、材料の種類・選び方から、下ごしらえの方法、調理の手順、味付けのポイントまで、懇切丁寧に教えて頂けることでしょう。しかしここで心得違いしてはならないのは、いかに丁寧な教えを受けたとしても、そのお店の料理に近い物は出来ても、同じ様には出来ないということです。それにはいくつもの理由があります。材料ひとつとっても店が毎日使い厳選して仕入れる物が、家庭で簡単に手に入るのか、又見極める目があるのか。調理器具も家庭用と営業用では違います。さらに決定的な差異は、長年に亘り鍛錬し毎日それ以上の技を追求し続けているプロと、アマの技量の違いです。つまり一連の説明を受けたくらいで簡単に同じ様に作ることが出来るなら、本当のプロは存在しないと言うことです。又一流の調理人にはそれが解かっているから、親切に教えてくれるのです。ただたとえ全く同じ様に出来なくても教えを受けたことが、奥様の毎日仕度するお料理に、何らかの形でプラスになることは間違いなく受け合います。さあ今日からは「お前の作る物は美味しくない」なんて、言わなくてもすむし、言われることもないでしょう。
お試しあれ!






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お取り寄せスイーツ ジャンル : グルメ

06:00  |  未分類  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。