2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.03.04 (Thu)

旅と食事

SL_yamaguti.jpg3525447_large.jpgdefault.jpg
 旅に出る楽しみの一つが旅先での食事という方はかなり多いと思います。おじさんなど生来食い意地の張った典型で、食べ物目当てに旅に出る類です。その土地の代表的な割烹旅館で全てお任せという方法もありますが、おじさんはホテルに泊まり街の料理屋に出掛ける方が好きです。どんな処でどんな料理を頂くのか下調べですが、旅行雑誌やテレビ番組での情報からはあまり良い結果を得ておりません。自分に近い味覚の持ち主から紹介して頂ければ、それが一番期待出来ると思います。特に京都などの場合、“一見客”(いちげん客=その店に初めてで紹介者もない客)を断る店がかなり存在します。おじさんの経験ではそうした料理屋の中に、本当の京都らしい雰囲気と味覚を感じさせる店が少なくないと思います。調理人の仕事は丁寧で手間を惜しむことなく、素晴らしく美味しい食事と巡り合える可能性大なのです。“一見客”の語源に付いては後述致しますが、この様なシステムの料理屋が京都に多数存在する要因には諸説があり、おじさんは江戸時代幕末期を発祥とする説に信憑性を感じます。すなわち幕末の動乱の最中治安の悪化した京都では、庶民が自分の身を守る為に必死であり、特に女性経営者の多かった料理屋では、身元の定かな人以外の入店を断ったのです。現在このシステムに拘る店にはそれぞれに理由があるのでしょうが、これが伝統化し踏襲されているのは間違いないと思います。話は脇道に逸れ京都のことに終始してしまいましたが、旅先での食事は“味覚の近い知人の紹介”で、充実したものとなること受け合います。

「一見客」は元は遊廓言葉です。花柳界では初見で現金払いのお客さん(通常の支払い方法は掛けの後払い)の事を「初対面、つまり一回目の現金払いのお客さん」という事で「一現さん」と言いますが、この「一現」が「一見」の語源なのです。
「一見さんおことわり」とは常連さん以外はお相手いたしませんという意味です。常連さんに帯同して行くかして顔を作ってからおいで下さいということです。
因みに二回目は「裏を返す」、三回目以降が「馴染み(常連)」という表現があります。    






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お取り寄せスイーツ ジャンル : グルメ

06:00  |  未分類  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。