2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009.12.17 (Thu)

クリスマスにも“ジェムおじさんのフィナンシェ”を!

化粧箱  No.2クリスマス三種類  No.7 





 日本は単一民族で人口1億以上を有する大きな国ですが、国教というべき宗教が存在しません。つまり例外的少数の人々を除き、大多数が信奉する特定の宗教を持たない無宗教国家なのです。これには第二次大戦直後まで天皇が現人神として存在したことに最大の因があり、また長い歴史の中に幾つもの宗教が現れますが、全て時の権力者がその支配体制を築き維持する為に、利用したに過ぎないものだったからです。半ば強制されたに等しく民衆の間に深く根付いたものでなかったので、強要する枠が外されると後には何も残らないという結果に繋がる訳です。ところがなのか? だからこそなのか? 理由は不明ですが、日本人程色々な宗教と関わりを持つ民族は珍しいのではないでしょうか。産まれると御宮参り、結婚式は神前で、亡くなると葬式は仏式で、クリスマスになるとその当日だけは皆クリスチャンにという様に! 形だけの儀式を重んじる国民性なのか? お祭り騒ぎが好きなのか? はてまた、多く人がすることに参加しなくてはと思う群集心理が強すぎるのか? 定かな要因は見つかりませんが。そこにこの機に便乗して一儲けをと企てる輩が加わるのですから、顛末は甚だ賑やかになることでしょう。昭和30年代クリスマスイブの銀座中央通りは、トンガリ帽子を被り・お土産のケーキをぶら提げ・クラッカーを鳴らし・メリークリスマスと叫びながら歩く酔っ払ったお父さん達で溢れ、車が走れない状態でした。今年も一週間後にクリスマスを迎えますが、昨今では当時程の馬鹿騒ぎはないものの、程々のお祭り騒ぎは処々で起きる筈です。キリスト教に触れろとまでは申しませんが世界の偉大な聖人を想い、静かにその誕生を祝福するクリスマスも良いのではと考えます。そこで最後に宣伝!
外見は地味ですが食べたら本当に美味しい心のこもった“おじさんのフィナンシェ”
クリスマスにも“ジェムおじさんのフィナンシェ”を!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お取り寄せスイーツ ジャンル : グルメ

06:00  |  未分類  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。